東芝テリー株式会社


カテゴリメニュー

プレスリリース

TOP > プレスリリース > プレスリリース(2003/3/17)

プレスリリース

2003年3月17日

131万画素CMOSを搭載した超小型・軽量の高解像度白黒カメラを開発
「CMOS白黒カメラ CSB1100CL」


CSB1100CL 外観
CSB1100CL 外観

東京電子工業株式会社(社長:高岡 博史)は、131万画素の高解像度画像を443fpsと超高速で出力可能な、マシンビジョン用CMOSカメラの新製品「ハイフレームレートCMOS白黒カメラ CSB1000」の販売を6月より開始いたします。


新製品は、当社が展開しております画像処理用途に特化したCMOSカメラ戦略により、昨年から販売を開始いたしました419万画素CMOSイメージセンサを採用したCSB4000CLおよびCSB4000Fに続く第3弾商品で、画素数は131万画素ながら、筐体の超小型化・軽量化を実現した製品です。新製品の主な機能として、全画素を同一のタイミングで露光を行うグローバルシャッタ、任意の複数のエリアのみ読み出しを行うWOI(Window Of Interest)、広ダイナミックレンジを可能にするマルチスロープ機能を搭載しています。画像処理装置、画像取り込みボードとのインターフェースにはカメラリンクを採用致しました。筐体は一体形で、44×29×52mm 約120gと超小型・軽量のため、産業用機器や画像処理装置への組み込みに適しています。


開発のポイントと背景

現在の画像処理用カメラは、高画素のCCDを採用した製品が主流を占めています。一方、画像処理用途に於けるカメラへの要求トレンドは、一層の高画素化、高速化、多機能化が求められております。当社としましても、CCDカメラでマルチプルシャッタ機能、パーシャルスキャン機能、フルフレーム読出し等の技術でニーズにお応えして参りましたが、CCDイメージセンサでは構造上さらなる高速化のニーズにお応えすることが難しくなってきました。そこで、画像処理用途で要求される機能を満たす為にCMOSイメージセンサを独自開発し、先日より販売を開始した、CSB4000CLおよびCSB4000Fに採用致しました。

この2機種はCCDと同等に同一タイミングで全画素の同時露光を可能にした電子シャッタ方式であるグローバルシャッタ機能、および任意の1~16個の特定エリアのみを読み出すWOI(Window Of Interest)機能等により、市場より大きな反響をいただきましたが、100万画素クラスで同等の機能をもち、より小型の製品を用意して欲しいとのご要望もいただきました。 新製品は、131万画素2/3型CMOSイメージセンサを搭載し、グローバルシャッタ機能および任意の1~16個の特定エリアのみを読み出すWOI(Window Of Interest)等の先進機能を網羅しつつ、外形寸法44×29×52mm、重量約120gと極限までの小型・軽量化を実現いたしました。

主な用途

  • 画像処理用途(製造装置、検査装置など)
  • 車両のナンバー読み取りなどのITS用途
  • バーコード、2次元コードの読み取り
  • 顕微鏡用途

主な特長

  • 総画素数131万画素CMOSイメージセンサを搭載

    正方格子画素配列、1280×1024画素のCMOSイメージセンサを搭載し、高解像度を実現しました。
  • WOI(Window Of Interest)機能

    ユーザーの指定した任意の複数のエリアのみの読み出しを行うことで、読み出し速度の高速化を行えます。 不要なエリアを読み出す必要がなくなるため読み出し速度の高速化が可能となります。 指定エリアは様々な画像処理の用途を考慮し、最大16個です。
  • マルチスロープ機能

    CMOSセンサ自身で明暗を圧縮して広ダイナミックレンジを実現します。ユーザーのオリジナル値も設定でき、外部からセレクトして使用できます。
  • グローバルシャッタ機能

    同一タイミングでの全画素の露光が可能で、静止画像を容易に得ることが出来ます。
  • カメラリンクインターフェース

    画像処理装置、PCとのインターフェースとしてカメラリンクインターフェースを採用しています。 カメラリンクの通信コマンドにより、カメラの各種機能を外部より制御できます。
  • Cマウント

    レンズマウントは、産業用カメラでは一般的な規格であるCマウントを採用しています。 130万画素の高解像度を画面の隅々まで生かしきる推奨レンズとして、TFL2520もご用意しております。
  • 機器への組込に適した小型・軽量ボディ

    44×29×52mm 約120gと、超小型・軽量の一体形です。

価格

131万画素CMOS白黒カメラ CSB1100CL 標準価格 ¥250,000-

販売開始時期

2003年6月発売予定

販売見込

初年度 10,000台

主な仕様

CSB1100CL 仕様の表
撮像素子 2/3型CMOSイメージセンサ
総画素数 1280(H)×1024(V) 131万画素
インターフェース カメラリンク(LVDS、10bit、ピクセルクロック33.3333MHz)
フレームレート 22.2fps(ローリングシャッタ、全画素読み出し時)
アスペクト比 5:4
S/N 47dB(標準)
レンズマウント Cマウント
電源 DC12V
外形寸法 44(W)×29(H)×52(D)mm
質量 約120g
対応予定フレームグラバボードメーカー 株式会社アバールデータ 殿
株式会社ファースト 殿
株式会社マイクロ・テクニカ 殿

この件に関するお問い合わせ

マシンビジョン&メディカルイメージング部
映像・情報機器営業担当
TEL:042-589-8772

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告無しに変更される事がありますので、あらかじめご了承ください。

東芝テリートップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright