東芝テリー株式会社


カテゴリメニュー

プレスリリース

TOP > プレスリリース > プレスリリース(2003/11/21)

プレスリリース

2003年11月21日

GUI画面により簡単に設定できるスマートカメラを開発
「teliスマートカメラ iIs-010」


iIs-010 外観
iIs-010 外観

東京電子工業株式会社(社長:高岡 博史)は、"Easy to Use"をコンセプトとした、超小型VGA2倍速カメラヘッドとの組み合わせによるスマートカメラ「iIs-010」の販売 を2004年4月より開始いたします。


iIsとは Intelligent Image Sensorの略で、カメラ制御部と画像処理部を一体化し、必要とされる画像処理の結果をダイレクトに出力するスマートカメラのteli名称です。 iIs-010では数量カウント、寸法測定、角度測定、濃度計測、バーコードリーダー、パターンマッチングなどの画像処理機能を有し、ICのリード・パッケージ検査、ギアの欠陥検査、キズ検査、欠陥検査、バーコードの読み取りを含むラベル検査等、幅広い用途で使用できるスマートカメラです。

このiIsはteliの超小型、高速カメラテクノロジーとカナダCoreco社の卓越した画像処理テクノロジーとのコラボレーションにより開発され、"Easy to Use"をコンセプトに画像処理の知識のない人でもパソコンに接している人であれば短時間で希望する検査セッティングが可能であり、今までにない簡便さを有しています。また、Ethernetで接続されるため、ネットワーク化が可能で、複数台のiIsを1台のパソコンでコントロール、検査結果の集計、欠陥画面の取得が可能です。さらに現場でポケットPCによる取得画像を見ながらのパラメータ変更も可能であり、ユーザーフレンドリーを最優先に考慮して開発されました。

主な用途

  • 寸法・角度計測による検査
  • 濃度計測によるシミ、キズ検査
  • パターンマッチングによる欠陥検査
  • バーコード読み取りを含むラベル検査

主な特長

  • 高精度な光学測定/画像処理能力

    位置、画素、エッジ、シミ等の欠陥検出に特化した機能を備えています。サブピクセル処理により、1/10ピクセル単位の高精度な測定も可能です。
  • VGA(640×480)フォーマットのカメラヘッド

    小型・軽量の分離型カメラヘッドを標準で付属。全画素読み出し方式により、約1/60秒で全画素を読み出します。また、カメラヘッドの形状を用途に応じて3タイプから選択することができます。
  • 産業向けの入出力インターフェース

    バーコードの読み取り、検品、検査、光源の調整といった作業に特化したインターフェースを備えています。
  • 標準的な通信インターフェース

    機器の設定やデータの送信などをRS-232Cおよび10/100BaseTに対応したEthernet経由で行うことができます。
  • グラフィカル・ユーザー・インターフェース

    マイクロソフト製のWebブラウザ上でボタンをクリックしていくだけの簡単設定が可能な、対話形式のGUIを装備。また、2種類のメニュー言語(英語/日本語)をサポートしています。
  • 独自の適応アルゴリズムをベースにした画像処理ソフトウェア

    画像上の位置や角度に関係なく、自動的に部品を検出する独自の適応アルゴリズムを備えた画像処理ソフトウェアを採用しています。
  • メートル単位/ピクセル単位での測定

    付属のキャリブレーション・シートを用いることにより、メートル単位/ピクセル単位での測定を用途に応じて選択することができます。このキャリブレーションにより、PCレンズや非線形レンズがもつ歪みを補正します。
  • 測定/検査結果の分析

    測定/検査状況を常にモニタリングしながら、部品やラベルの個別情報および統計情報を記録することが可能です。また、データの保存場所をコントロールユニット内部メモリ、またはネットワークに接続された端末から選択することにより、状況に応じた結果分析を行うことができます。
  • 多様な計測モード

    部品の計測に最適な10種類の計測モードをあらかじめ用意することにより、ユーザーはGUI上のボタンをクリックしていくだけで、簡単に結果を求めることができます。計測モードを適切に組み合わせれば、複雑な形状をもった部品の計測も可能です。
  • ラベル検査に最適化した設計

    瓶や箱、缶などのパッケージに貼付されたラベルの検査に特化した設計がなされています。位置や角度、色の濃さ、汚れの有無等の条件から、ラベルの合否を的確に判断します。カスタマイズ可能な判定出力は、ライン上の周辺機器を状況に応じて制御することができます。
  • ソフトウェア・アップデート

    TeliのWebサイトまたはFTPサーバから、機能の追加やバグの修正、システムの最適化などを含めたソフトウェア・アップデートを無償または有償で受けることができます。ネットワークを通じてコントロールユニットに新しいソフトウェアをインストールし、様々なサービスを追加することができます。

価格

teliスマートカメラ 「iIs-010」 標準価格 ¥360,000-

販売開始時期

2004年4月発売予定

販売見込

3年間 5000台

主な仕様

teliスマートカメラ 「iIs-010」 仕様の表
有効出力画素数 640(H)×480(V) 約30万画素
量子化 10bitグレースケール(1024階調)
画像処理 8bitグレースケール(256階調)
走査方式 1/60秒 プログレッシブ
動作モード ランダムトリガシャッタ固定(ソフトウェア/外部トリガ)
外形寸法 カメラ制御器 150(L)×60(H)×80(W)
カメラヘッド1 20(W)×20(H)×25(D)mm
カメラヘッド2 φ17×36.2(D)mm
カメラヘッド3 Cマウントタイプ
質量 約500g
インターフェース ・Ethernet 1ch、10BASE-T/100BASE-T
・VGA      1ch、VGA(640×480)モノクロ出力
・RS232C 1ch

この件に関するお問い合わせ

◆報道関係者
マシンビジョン&メディカルイメージング部 映像・情報機器営業担当 垰岡(たおか)
TEL:042-589-8776

◆一般ユーザー
マシンビジョン&メディカルイメージング部 映像・情報機器営業担当
TEL:042-589-8772

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告無しに変更される事がありますので、あらかじめご了承ください。

東芝テリートップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright