東芝テリー株式会社


カテゴリメニュー

プレスリリース

TOP > プレスリリース > プレスリリース(2006/10/16)

プレスリリース

2006年10月16日

産業用CCDカメラ IEEE1394.b出力カメラ CSFシリーズ8機種
Camera Link出力カメラ CSCシリーズ2機種を発売


IEEE1394.b出力カメラ FireDragonシリーズ
IEEE1394.b出力カメラ
CSFシリーズ

マシンビジョン&メディカルイメージングメーカーの東芝テリー株式会社東京都日野市、社長・高岡博史)は、撮像・検査向けに高速で高解像度の産業用CCDカメラ(※1)「IEEE1394.b(※2)出力カメラCSFシリーズ」8機種と、「Camera Link(※3)出力カメラCSCシリーズ」2機種を開発、商品化しました。10月16日から受注・生産を開始し、CSFシリーズは12月1日から出荷、CSCシリーズは 1月9日から出荷する予定です。

価格はCSFシリーズが120,000円~400,000円(予定)。
CSCシリーズが120,000円~150,000円(予定)。

主な特長(ポイント)

1. ユーザーの用途に合ったシステムが作れる

映像出力には、高速シリアルインターフェイス規格のIEEE1394.b出力、最新の工業用デジタルカメラの伝送規格Camera Link出力の中からユーザーの仕様に合ったカメラの選択が可能です。

2. 8種類のデバイスが選べる

「CSFシリーズ」では、1筐体で4種類の解像度と2種類の色調(白黒/カラー)、全8種類のカメラの選択ができます。

3. 共通のソフトが利用できる

東芝テリー株式会社のホームページよりIEEE1394.b用カメラのSDK(※4)、Viewerソフトのダウンロードができ、IEEE1394.bのカメラであれば共通使用できます。


参考資料


開発の背景

産業用カメラは半導体関連、部品実装関連向けの白黒アナログカメラが主流ですが、パソコンを含む画像処理装置側の高速化に伴い、情報量の大きな高画素・高駒数・フルカラーという高品質・高機能化へのニーズが高まってきました。さらに高速・高信頼デジタルインターフェイスの普及によるカメラのデジタル化が急速に進展し、よりコンピューターとの親和性が進んできました。そのような市場環境の変化の中で、東芝テリーは多種多様なユーザーのシステムに対応すべく、インターフェイス・画素数・色調(カラー/白黒)を幅広く選択できるDragonシリーズを開発しました。


主な特長

1. ユーザーの用途に合ったシステムが作れる

IEEE1394.b出力、カメラリンク出力の中からユーザーの仕様に合ったカメラの選択が可能です。 「CSFシリーズ」は、IEEE1394.b-2002を採用。高速でのデータ転送が可能です。「CSCシリーズ」は、Power over Camera Link(※5)採用により、ケーブル1本で映像データの伝送、電源供給、制御ができます。このため、ともに効率の良い装置等のシステム構築が可能となります。また、両シリーズのVGA仕様カメラは、90fps(カラーはYUV4:2:2もしくは4:1:1の出力のみ)のハイフレームレート(※6)で取り込みができます。


2. 8種類のカメラが選べる

電子機器・装置や機器組込み等に対応するためには、カメラの小型化が求められます。「CSFシリーズ」では、1筐体(44×29×44mm突起部含まず)で、VGA、XGA、SXGA、UXGA(※7)の4種類の表示解像度、白黒とカラー2種類の色合い、全8種類のカメラの選択が可能です。「CSCシリーズ」では、29×29×26.5mm(突起部含まず)の超小型な筐体で、VGA、XGAの選択が可能です。


3. 共通のソフトが利用できる

東芝テリー株式会社のホームページよりIEEE1394.b用カメラのSDK、Viewerソフトのダウンロードができ、IEEE1394.bのカメラであれば共通使用することができます(注:ソフトの使用に当たってはシステム構成等の制約有り)。

【用語解説】
※1:
CCD=Charge Coupled Devices(電荷結合素子)。撮像素子。
※2:
IEEE1394.b=パソコンや周辺機器の接続に使われる高速なデータ転送を仲介する規格。
※3:
Camera Link=最新の工業用デジタルカメラの伝送規格。
※4:
SDK=Software Development Kits(ソフトウェア開発用の道具)
※5:
Power over Camera Link=カメラ電源供給線を統合した工業用デジタルカメラの伝送規格。
※6:
ハイフレームレート=1秒間に画像を書き換える回数(フレームレート)が多いこと。
※7:
VGA=Video Graphic Arrayの略。640×480画素の表示解像度のこと。
X(extended)GAは1024×768、SX(super extended)GAは1280×1024、UX(Ultra extended)
GAは1600×1200画素。

特長の解説

IEEE1394.b出力カメラ CSFシリーズ

  • 高速フレームレート

    CSFV90BC3(白黒)/CSFV90CC3(カラー)は、VGA で90fps(1秒当りフレーム数)、CSFX36BC3/CSFX36CC3はXGAで36fps、CSFS20BC2/CSFS20CC2はSXGAで20fps、CSFU15BC18/CSFU15CC18はUXGAで15fpsの高速フレームレートを実現します。
  • 全画素読み出し

    全画素独立読み出し方式により、1回のフレーム処理で全画素を読み出します。シャッター動作時でも全画素読み出し可能なフルフレームシャッターを搭載しています。
  • フルフレームシャッター

    ランダムトリガーシャッター動作でも全画素を読み出すことができます。このため垂直解像度で劣化のない画像を得ることができます。
  • 正方格子配列

    CCDの画素が正方格子状に配列されているため、画像処理での演算処理を容易にすることができます。
  • カラープロセス内蔵

    カラープロセスを内蔵しており、Raw出力(8/10 Bit 切り替え可能)の他RGB(24 Bit)、YUV4:2:2(16 Bit 相当)、YUV4:1:1(12 Bit 相当)の出力モードを持っています。
  • IEEE1394.bインターフェイス(Bilingual対応)

    映像出力およびカメラ制御は、高速シリアルインターフェイス規格IEEE std 1394b-2002(以下IEEE1394.b)を介して行います。データ転送を800 Mbpsで行い、非圧縮の10 Bit出力画像を出力可能です。またBilingual対応なので、IEEE std 1394a-2000(以下IEEE1394.a)機器への接続が行えます。この場合データ転送速度が400 Mbps となり、非圧縮の 10 Bit 出力画像をIEEE1394.b使用時の半分のフレームレートで出力可能です。
  • IIDC 1394-based Digital Camera Specification Ver.1.31に準拠

    国際的工業用カメラ規格であるIIDC 1394-based Digital Camera Specification Ver.1.31 に準拠しているため、カメラ制御を容易に行うことが出来ます。
  • ランダムトリガーシャッター機能

    外部トリガー信号と同期して露光を開始するランダムトリガーシャッターを装備しています。高速移動物体を定位置に捕らえ、正確な画像処理が可能です。
  • スケーラブル機能

    映像出力範囲を任意に指定することが出来ます。垂直方向の出力範囲を制限することでさらなる高速読み出しが可能になります。また水平方向の出力範囲を制限することでIEEE1394 転送線路の占有帯域を軽減できます。
  • 超小型、軽量

    カメラ本体を小型化し、省スペース及び耐振動、衝撃性に優れています。
  • RoHS 指令対応

    有害物質の使用禁止を定めた欧州のRoHS 指令に対応し、製作されています。

Camera Link出力カメラ CSCシリーズ

  • 1.3倍速読み出し

    VGAの機種は、従来のCCDカメラの3倍の速度で画像を読み出します。
  • 全画素読み出し

    全画素独立読み出し方式により、CSCV90BC3は約1/90 秒、CSCX30BC3は約1/30秒で全画素を読み出します。シャッター動作時でも全画素読み出しができるフルフレームシャッターを搭載しています。
  • フルフレームシャッター

    ランダムトリガーシャッター動作でも全画素を読み出すことができるので、垂直解像度で劣化のない画像を得ることができます。
  • 正方格子配列

    CCDの画素が正方格子状に配列されているため、画像処理における演算処理を容易にすることができます。
  • Camera Link インターフェイス(電源供給型)

    電源供給可能なカメラリンク対応フレームグラバーボードを使用することで、PCへの撮影画像の高速転送、PCからの各種カメラ制御を行うことができ、ケーブル1本でカメラの電源も供給することができます。
  • ランダムトリガーシャッター機能

    外部トリガー信号と同期して露光を開始するランダムトリガーシャッターを装備しているので、高速移動物体を定位置に捕らえ、正確な画像処理が可能です。
  • リスタート・リセット

    外部からのVD 信号入力で任意のタイミングで画像を撮影し取り込むことができます。
  • パーシャルスキャン

    ユーザーが設定した映像出力範囲以外を読み飛ばすため、さらなる高速化が可能です。
  • 超小型、軽量

    カメラ本体を小型化し、省スペース及び耐振動、衝撃性に優れています。
  • RoHS 指令対応

    有害物質の使用禁止を定めた欧州のRoHS 指令に対応し、製作されています。

この件に関するお問い合わせ

マシンビジョン&メディカルイメージング部
映像・情報機器営業担当
TEL:042-589-8772

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告無しに変更される事がありますので、あらかじめご了承ください。

東芝テリートップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright