東芝テリー株式会社


カテゴリメニュー

製品・ソリューション

  • 産業用カメラ
  • 管内検査用カメラ
    • 管内検査カメラ
    • カメラスコープ
  • 監視カメラ
  • 特殊環境用カメラ
  • 無線操縦装置

TOP > 製品・ソリューション > 管内検査用カメラ > 管内検査カメラ > VCH561XV-01/VCF561XVM-01

管内検査用カメラ

検査対象を適切にハンドリングするメカトロ技術によって、都市下水本管の本格的な検査に対応するシステムから、携帯性に優れたカメラスコープまで幅広い用途に応じたモデルを提供します。

管内検査カメラ

管内検査用カメラヘッド+3フレーム式自走車

VCH561XV-01/VCF561XVM-01

VCH561XV-01/VCF561XVM-01



概要

都市下水道を維持管理する目的で開発した大口径管(最大)Ø800mm対応のロボット型本管検査カメラヘッドです。車軸駆動用モータユニットに管径に応じた自走フレーム(VCF561XVM-01)を組合わせて、自走車一体型カメラとしてご使用いただけます。
「3フレーム式自走車VCF561XVM-01」は、最小Ø200mmから最大Ø800mmまでの検査を可能にするための自走車ユニットで、工具を使うことなく短時間で管径変換を行うことができ、作業効率が向上します。

特長

【VCH561XV-01】

  • 首振り型カメラヘッド
    カメラ部には、モータ駆動による2軸の回転機構を設けており、制御器からチルト、ローテーションの遠隔操作が行えます。
  • 光学系
    レンズは光学3倍ズームのズームレンズの採用で、劣化のない鮮明な拡大画像が得られます。またレンズの「ズーム」「フォーカス」「アイリス」に対しても遠隔操作が行えます。
  • LED照明
    カメラユニットの照明には、超高輝度LEDを採用しております。ハロゲンランプに対して、「低消費電力」「振動に強い」「長寿命」などの優れた特長を持っています。

【VCF561XVM-01】

  • 管径交換フレーム
    小、中、大の3種類の管径交換フレームは、カメラヘッドVCH561XV-01を管内中央へ固定させる機能をもっております。
  • シンプル構造
    各サイズの自走車の駆動は、全てひとつのモータユニットの着脱操作にて行いますので、フレーム本体はシンプルで取扱いに手間がかりません。

仕様

VCH561XV-01 仕様の表
型式 VCH561XV-01
適用管径 Ø200 ~ 800mm
質量 約4kg
撮像素子 41万画素 1/4型インターライン方式CCD
ズームレンズ F1.0 f=3mm-8mm
遠隔制御:3倍光学ズーム、フォーカス、絞り
画角 Wide 約73°(対角)/Tele約30°(対角)
視方向 ±120° 首振り方式
側視回転 360° エンドレス回転
照明 超高輝度白色LED8灯(集光照明:6灯、拡散照明:2灯)
防水構造 水中形防水構造 IP68(水深4m、カメラコネクタ接続時)
VCF561XVM-01 仕様の表
型式 VCF561XVM-01
走行速度 約0~18m/分
質量 小フレーム搭載時(適用管径Ø200mm~Ø300mm) 約20kg
中フレーム搭載時(適用管径Ø350mm~Ø500mm) 約22.5kg
大フレーム搭載時(適用管径Ø600mm~Ø800mm) 約25kg

仕様書・取扱説明書等

製品仕様書

製品の詳細につきましては営業担当までご連絡、もしくはお問い合わせフォームにてお問い合わせください。

お問い合わせ窓口