東芝テリー株式会社


カテゴリメニュー

製品・ソリューション

  • 産業用カメラ
  • 管内検査用カメラ
  • 監視カメラ
    • 画像処理システム
    • 監視カメラ
    • ネットワーク監視システム
    • カメラオプション
    • デジタルビデオレコーダ
    • カラーモニタ
    • 周辺・伝送装置
  • 特殊環境用カメラ
  • 無線操縦装置

TOP > 製品・ソリューション > 監視カメラ > 画像処理システム > ID1100/ID2000シリーズ

監視カメラ

伝統に培われた信頼のカメラ技術と、先進のIT/デジタル技術の融合により、様々な規模、多様な目的に応じた最適な映像システムソリューションをご提供します。

監視用画像処理システム

インテリジェント画像解析システム

ID1100/ID2000シリーズ


独自の画像解析で、お客様のニーズに応える高度な映像監視ソリューションの提供が可能。
インテリジェント画像解析システムは、カメラ映像の目視確認や変化する屋外環境への対応など、既存の監視システムにおける限界や課題を容易にクリアする画像処理技術を結集。独自の画像処理アルゴリズムを駆使して、高精度な動体検知はもちろん、停止物検知にも確かな力を発揮。自動化による監視業務の有効性向上と人件費削減に貢献し、セキュリティ監視システムの高度化・高効率化を実現します。


ID1100/ID2000 画面イメージ クリックすると、動体追跡画面が表示されます。



特長

  • ネットワークカメラの取り込みにも対応。カメラの種類を問わずシステム構築が可能。
    アナログカメラ、デイナイトカメラ、旋回カメラなどに加え、新たに当社ネットワークカメラ※1からの画像を取り込むことも可能。最大8台※2の カメラ映像の同時処理を行なうことができ、アナログカメラとネットワークカメラの混在での画像処理も可能です。また、ビューワソフトウエア・ GV1100(当社製)の映像取り込みライブラリを使用しているため、ビューワ側の取り込みカメラが増えることで、画像解析可能なネットワークカメラの拡充も可能です。
    ※1 対応機種:ネットワークカメラ・CI8000シリーズ、IPコーデック・GE2000
    ※2 ID1104/ID2004は最大4台。
  • 完全自社製の画像解析アルゴリズム採用で、様々な屋外環境下でも高精度な検知が可能。
    海面の波や照り返し、風による揺れなどの環境要因を排除して的確な検知・追跡を行なう「環境適応型学習アルゴリズム」、従来の動体検知と同時に停止物も的確に捉えて、不審物の置き去り・持ち出しを検知可能にする「画像空間解析アルゴリズム」を搭載しています。
  • プラグイン感覚で既存システムへのアドオンが可能。
    既存の映像監視システムにアドオンするだけで、容易にシステムアップが可能。調整項目のミニマム化により、スピーディーな導入・運用開始が図れます。
  • 検知対象の識別、特定対象の検知・追跡が可能。
    対象物のモデルを登録(最大5種類)することで、検知・追跡した対象と登録データを照らし合わせてチェックし、リアルタイムに識別します。また、登録した 監視エリア内の対象物のみを検知対象としたり、特定の対象物のみを捉えて、検知・追跡を行なうことも可能です。
  • 混雑状態の検知・把握が可能。
    検知アルゴリズムの応用により、画像内の変動を捉えて混雑状態を判断することが可能。従来のセキュリティ監視用途のほか、店舗内や駅構内の状況把握による入場規制等にも活用できます。
  • 簡易録画表示画面からの録画画像の外部保存※が可能になり、データの持ち出しに対応。
    * ID2000シリーズのみ搭載。
    ※ 再生と同時にAVIファイル保存(1ファイル最大2GB)を実行。
  • 他のセキュリティシステムとの連携など、お客様のご要望に合わせてカスタマイズ対応が可能。

システム機器仕様

ID1100/ID2000シリーズ 仕様の表
型名 ID1104 ID1108 ID2004 ID2008
動作環境 OS Microsoft® Windows®XP Professional SP3
CPU Core™2 Duo
2.13GHz相当以上
Core™2 Quad
2.66GHz相当以上
Core™2 Duo
2.13GHz相当以上
Core™2 Quad
2.66GHz相当以上
メモリ 2GB 4GB 2GB 4GB
ハードディスク 80GB以上 80GB以上 80GB以上 160GB以上
PCIスロット 2スロット以上
画面サイズ XGA(1024×768)
LAN 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T
映像入力条件 最大カメラ接続台数 4台 8台 4台 8台
入力コネクタ BNC
入出力
インピーダンス
75Ω不平衡
入力信号 NTSCコンポジットビデオ信号
解像度
(画像サイズ)
QVGA(320×240)
外部入出力
条件(接点)
画像キャプチャ
フレームレート
10FPS以上
入力数 16点(4点/CH) 32点(8点/CH) 16点(4点/CH) 32点(8点/CH)
入力信号
(絶縁)
フォトカプラ絶縁
出力数 16点(4点/CH)
出力信号
(絶縁)
高電流オープンコレクタ

主な機能 ※本仕様は予告なく変更となる場合があります。

動体検知機能 ※ID1100シリーズは動体検知機能、停止物検知機能、混雑検知機能のいずれかを選択

任意のカメラで撮影した画像から、動体を安定的に検知。単独物体のほか、複数物体の同時検知も可能で、検知対象の影を排除し、より的確な検知を実現。また、夜間や低照度下では処理に適した画像へ補正し、木の揺れや波、日の照り返しなどの外乱に対しては、入力画像に基づく学習を常に実施して検知精度を高めています。

動体検知機能イメージ画像

停止物検知機能 ※ID1100シリーズは動体検知機能、停止物検知機能、混雑検知機能のいずれかを選択

単体で停止状態の物体、および複数の対象の同時検知が可能。

混雑検知機能 ※ID1100シリーズは動体検知機能、停止物検知機能、混雑検知機能のいずれかを選択

画像内の変動を捉えて、人や車等の混雑状態を検知可能。駅や道路の混雑を把握することで、安全確保をサポートします。

混雑検知機能イメージ画像

検知対象追跡機能

画像内で検知した対象を追跡して移動軌跡を表示。複数対象も個々に追跡が可能。

検知対象推定機能 ※ID2000シリーズのみ

登録したモデル情報(最大5モデル)に基づき、検知対象の特徴から対象物を推定。

検知対象位置推定機能 ※ID2000シリーズのみ

登録した監視エリア情報に基づき、エリア内に出現した対象のみを検知。

検知通知機能

検知発生および障害発生を画面表示。検知・追跡実施時には音声で通知。

ロギング機能

システムログ、動体および停止物の検知・追跡ログ、混雑検知ログ、パラメータ変更ログを蓄積可能(最大9,999件)。蓄積したログ・画像の検索/表示、外部保存も可能。

<ログ画面>
<ログ画面>

検知画像保存機能

動体/停止物を検知したタイミングで検知結果画像を静止画で保存。

追跡画像保存機能

動体/停止物の追跡開始と同時に、追跡結果画像を静止画で定周期に保存。
※追跡結果画像、拡大画像、残像画像、合成画像の何れかを選択。

簡易録画機能 ※ID2000シリーズのみ

検知前後を含む連続した画像を蓄積。検知ログと連動して動画再生が可能。

外部接点入力出力機能 

接点入力信号により、外部出力マスクや画面切り換えが可能。
アプリケーション稼動中や動体/停止物の検知時などに接点信号出力が可能。
※本機能の提供には、接点入出力ボードの実装が必要です。

プライバシーマスク機能

画像中の非検知エリアをマウス操作だけで設定可能。画像処理の実行中でも、処理を停止することなく監視画面上からマスク編集が可能。

<マスク設定画面>
<マスク設定画面>

設定機能

検知・追跡および推定機能などのシステム動作設定が容易に可能。パラメータのカスタマイズ化にも対応。

自己診断機能

入力信号の健全性を検知し、入力映像異常として出力することが可能。

行動解析用データ出力

製品の詳細につきましては営業担当までご連絡、もしくはお問い合わせフォームにてお問い合わせください。

お問い合わせ窓口

東芝テリートップページ個人情報保護方針サイトのご利用条件

Copyright