トピックス

国際画像機器展2022 ご来場の御礼とご報告

東芝テリーブース写真
東芝テリーブース

2022年12月7日(水)~9日(金)、パシフィコ横浜で開催されました「国際画像機器展2022」に出展し、 CoaXPress 2.0、Dual USB3、USB3インターフェースなどを採用した高画素カメラをはじめ、 各種インターフェース(CoaXPressカメラ、USB3カメラ、GigEカメラ、Camera Linkカメラ)のバリエーション 豊かな産業用カメラ・ラインアップを展示、各種検査ソリューションを様々な観点からご提案する展示を行いました。
多くの皆様にお立ち寄りいただきましたことを、心より御礼申し上げます。

また、同時開催された国際画像セミナーでは、弊社技術担当による講演を行いました。こちらは後段にてご報告いたします。

<ブース紹介動画>

セミナーのご報告

国際画像セミナー講演のご報告はこちらをご覧ください。

展示コーナーのご紹介

1. CoaXPress 2.0 カメラ EXシリーズ(新製品)

最新のCoaXPress Ver2.0 CXP-12インターフェースを4レーン(Quad)搭載したカメラEXシリーズのうち、6,711万画素(67MP)CMOSカメラ「EX670AMG-X(白黒モデル)」を展示し、高画素ながら60fps以上のフレームレート出力ができるデモンストレーションを行いました。
EXシリーズは、3,775万画素/120fps出力の「EX370BMG-X(白黒モデル)」を新製品としてラインアップし、6,711万画素のカラーモデル「EX670AMCG-X」を現在開発中です。

CoaXPress 2.0 カメラ EXシリーズコーナー写真

【関連製品・ソフトウェア】

【製品リーフレット】

【説明パネル/サイネージ資料のダウンロード】

2. Dual USB3カメラシリーズ:DDU1607MCF+光ケーブルデモンストレーション

USB3.1 Gen.1インターフェースを2チャンネル搭載した、弊社独自のDual USB3カメラを動展示しました。
ここでは40mの光ケーブルを使用し、USBカメラの長距離接続動作も合わせてご確認いただきました。

Dual USB3カメラコーナー写真

【使用した製品・ソフトウェア】

【説明パネル資料のダウンロード】

3. アスペクト比1:1カメラシリーズラインアップ

産業用カメラの中で、最も光学系を有効に利用することのできる、センサのアスペクト比1:1のカメララインアップをご紹介しました。
弊社カメラで該当するカメラは、本展示会で紹介していなかったものを含み、次の機種が該当します。

アスペクト比1:1カメラコーナー写真

【該当製品】

【説明パネル資料のダウンロード】

4. CMOSベースSWIRカメラ(参考出品)

CMOSベースで短波長赤外線(SWIR)撮影を実現可能としたTriEye社製CMOSセンサを搭載した試作カメラの静展示と、サイネージ等を使用したカメラ特長およびサンプル画像等の紹介を行いました。

CMOSベースSWIRカメラコーナー写真

【ご参考】

【説明パネル資料のダウンロード】

5. 表面探傷スコープ+AI画像自動検査パッケージ(参考出品)

ワンショットで傷検査ができる、表面探傷スコープのご紹介と、東芝デジタルソリューションズ株式会社様のAI画像自動検査パッケージソフトウェアを組み合わせたデモンストレーションを行いました。
表面探傷スコープは、株式会社東芝 研究開発センターが開発した特殊光学系を用いることで、光沢面に付いた見えづらい傷をPCによる後処理工程無しに色付きで表示することができます。

表面探傷スコープコーナー写真

【搭載の製品・ソフトウェア】

【説明パネル資料のダウンロード】

6. 第4世代Pregius(Pregius S)搭載カメラシリーズ

ソニー株式会社製CMOSセンサ「Pregius」の第4世代目となる、裏面照射型の「Pregius S」を搭載したカメララインアップをご紹介する中で、従来のCCDカメラ、第2世代の「Pregius」が搭載されたカメラでの撮影映像を比較するデモンストレーションを行い、微細な画素でも感度が目劣りせず、解像度が上げられる様子をご確認いただきました。

第4世代「Pregius S」搭載カメラコーナー写真

【使用した製品・ソフトウェア】

【説明パネル資料のダウンロード】

7. RS-CMOSカメラBU2006Mシリーズ(新製品)+良品検査・数量チェックデモンストレーション

ソニー株式会社製裏面照射型CMOSセンサ搭載の1,996万画素(20MP)カメラ「BU2006M」シリーズと、三谷商事株式会社様のコンタミネーション検査を行うシステムソフトウェア「Contami Analyzer」を組み合わせ、良品の検査・個数カウントを行うデモンストレーションを行いました。

RS-CMOSカメラBU2006Mシリーズコーナー写真

【使用した製品・ソフトウェア】

【説明パネル資料のダウンロード】

8. AI外観検査ソフト:PEKAT VISION

チェコの PEKAT社製 Deep Learning 用ソフト「PEKAT VISION」と弊社製カメラを組み合わせ、検体のキズ検査をデモンストレーションしました。

本ソフトウェアは、検出対象(傷)の教示作業、AI エンジンの学習から検証、チューニング作業が比較的短時間で行うことができます。

AI外観検査ソフト:PEKAT VISIONコーナー写真

【使用した製品・ソフトウェア】

【説明パネル資料のダウンロード】

9. 産業用カメラ・ラインアップ

弊社の主要な産業用カメラ・ラインアップをインターフェース別にパネル展示を行いました。

産業用カメラ・ラインアップコーナー写真

【掲載のカメラシリーズ】


産業用カメラ・ラインアップ
産業用カメラ・ラインアップ

クリックすると拡大します。

国際画像セミナー

同時開催された国際画像セミナーでは、「東芝テリーの最新技術方針 ~高速インターフェース戦略~」、 「~カメラ+光学ソリューション~ 『表面探傷スコープ』のご紹介」と題して弊社エンジニアが講演を行いました。

国際画像セミナー講演写真

<セミナー講演動画>

【セミナー資料】

お忙しい中、大勢のお客様にご来場ご聴講いただき、誠にありがとうございました。


※Pregius、Pregiusロゴ、Pregius S、Pregius Sロゴは、ソニー株式会社の商標です。

※掲載の会社名およびロゴ、名称は、各社における商標または登録商標の場合があります。

記載の情報(展示会、製品仕様、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告無しに変更される事がありますので、あらかじめご了承ください。